2割の方がバイアグラが効かなかった訳とは?

EDに悩む方にとってはED治療薬はとても頼りにできる存在です。
よく知られているED治療薬にバイアグラがあります。
バイアグラは性行為の1時間ほど前にたっぷりの水と共にのみます。
血流を良くすることによって勃起力を促進するサポートをしてくれますが、媚薬とはまた違って性的な興奮を高めるものではありません。
効果についても評判が良くあっという間に有名になりましたが、バイアグラが効かなかったという人の8割は正しい用法で服用しなかったことが原因です。
バイアグラは空腹時に飲まなければ吸収がうまくいかず、効果を十分に発揮できないことがあるのです。
ですから完全に空腹状態の時にバイアグラをのみ、30分ほど吸収されるのを待ってから何かを食べるという風にするのがベストです。
また残りの2割の方に対してはタダシップというジェネリックED治療薬を試してみるのもオススメです。
用法をきちんと守っているのに効果がないということは体質と合わないということが考えられるからです。
タダシップはバイアグラと同じくED治療薬として知られている別のタイプの薬のジェネリックで、持続時間が36時間ほどと非常に長いことも人気がある理由の1つです。
そしてカマグラのほうはバイアグラのジェネリックで、効果はほとんどバイアグラと同じであるにも関わらず、ジェネリックですからバイアグラよりも安い価格で購入することができます。
特徴としてフルーツ味になっていてのみやすいということがあげられます。
種類もゼリータイプ、発泡剤タイプ、チュアブルタイプと3つあります。
発泡剤タイプ以外は水なしで飲めるのでどこででも服用可能なのがメリットです。
カマグラとタダシップは日本では販売されていませんので、個人輸入することになります。

“”引用元サイト””
レビトラの効果を通販で検証